例会

札幌中央ライオンズクラブとの合同例会

2019/08/21(水)

令和1年8月21日札幌ビューホテルにて札幌中央ライオンズクラブとの合同例会を開催しました。
その際、8月より札幌ライオンズクラブに入会の小谷俊雄ライオンの入会式も行われました。写真はL山根会長よりライオンズバッジを付けてもらう小谷ライオンです。

第1520回(7月第一)例会

2019/07/04(木)

山根会長のもと、新体制がスタートしました

会長基本方針 2019年7月~2020年6月
スローガン「会員の力を結集 前進あるのみ」
基本方針 会員相互、助け合い充実した奉仕活動

献血呼びかけアクティビティ実施

2019/02/04(月)

雪の降る中、献血呼びかけアクティビティを行いました

「クリスマス家族会」盛大に開催

2018/12/20(木)

今年もコーラスの歌声やバルーンアーティストで楽しく開催しました

札幌市里親会宿泊交流会に参加

2018/12/01(土)

サンタクロース姿で子供たちにクリスマスプレゼントをお渡しし、大変喜ばれました

道内初!の第1500回例会

2018/08/23(木)

札幌ライオンズクラブは8月第2二例会を道内初!の第1500回例会を「札幌中央ライオンズクラブ」さんとの合同例会として開催しました。和気あいあいと楽しい例会でした。蛇沼会長よりお土産には1500回にちなみ「1500㎜の巻き尺」が渡されました。
2次会では有志が豪華レストランバスで札幌市内中心部をまわり、違った景色の札幌の夜を楽しみました。

「クリスマス家族会」盛大に開催

2017/12/21(木)

毎年恒例となった「混声合唱」の披露やサンタクロースから子どもたちにクリスマスプレゼントを渡しました。また今年はペッパーくんが登場したり、金塊積み上げゲームで盛り上がりました。

会長とジャンケン大会で大盛り上がり

2017/02/16(木)

第1464回(2月第二)例会は当LC結成61周年記念例会でした。

第一部の例会ののち、第二部の懇親会では、昨年6月に開催されたライオンズクラブ国際大会福岡大会に参加したときのビデオを放映しながら会食。

後半には、会長と実行委員長から提供された豪華(?)賞品をかけて会長とジャンケン大会を実施。大盛況のうちにお開きとなりました。

札幌市里親会会長のスピーチを拝聴

2017/02/02(木)

第1463回(2月第二)例会は、昨年12月に札幌市里親会主催の宿泊交流会にLCメンバーがアクティビティ参加したことがご縁で、札幌市里親会の田中会長と竹内事務局長がゲストとして出席され、アクティビティに対するお礼と里親会の活動状況についてスピーチしていただきました。

里親になる理由・動機や、里親に対する支援策とともに、里親となった世帯には行政から養育費が支給されますが、実際はそれ以上の経費が掛かり、自腹が多いこと。
また里子が18歳以上になると支援や救済策がなく、大学等に進学することが非常に困難なこと。
もし知的障がい者の場合、18歳から20歳までは障がい者年金がないため生活が厳しくなることなど、里親制度の現状と課題についてお話がありました。

スピーチ後は質問や意見交換の時間となり、参加したメンバーからの質問に対して事務局長が回答してくださいました。

今後も何らかのアクティビティ実施で里親会を支援して参りたいと考えています。

第1460回例会「クリスマス家族会」盛大に開催

2016/12/15(木)

12月第二例会は毎年恒例「クリスマス家族会」です。
今年も各メンバーが家族を連れて盛大に開催されました。

LL(ライオンレディ)で構成するコーラスグループ「コールSLL」と男性メンバーによる合唱から始まり、若手メンバー扮するサンタクロースから子どもたちへのクリスマスプレゼント、子どもたちのピアノ・ヴァイオリン演奏、餅つき会などで会場は楽しい雰囲気に包まれました。

また金婚祝が贈呈されたL横路孝弘ご夫妻からご挨拶があったり、お楽しみ抽選会では豪華賞品が当たってみんな大喜び(賞品のランクに応じてドネーションをすることになりますが(笑))。

最後に参加者全員で手を携えて輪になり「また逢う日まで」を歌い、楽しいクリスマス会はお開きになりました。

札幌市担当者から冬季オリパラ招致についてスピーチ拝聴

2016/12/01(木)

第1459回(12月第一)例会は、2026年北海道・札幌冬季オリンピック・パラリンピック招致を目指す札幌市より担当者をお招きしたスピーチ例会でした。

札幌市スポーツ局招致推進部の梅田部長からプロジェクターと資料を用いて、1972年札幌冬季五輪の様子や、2026年招致に向けて人と環境にやさしい五輪をめざした具体的な計画内容について説明していただきました。

メンバーからは、スポーツ選手の育成や、経費などについての質問、意見交換がありました。
最後に梅田部長から2017年2月19日から始まる冬季アジア札幌大会のPRもありました。

ビジター&元メンバーも参加したワイン例会

2016/11/17(木)

いつもボジョレーヌーヴォー解禁日にあたる11月第二例会は、LCの活動を理解してもらい、よければ入会してもらうという目的で「パートナー(同伴)&ワイン例会」として開催しています。

今回の第1458回例会は、ビジター1名に加え、元メンバーの真島光男氏に出席していただきました。

会長が欠席のため、L蛇沼実第二副会長のウィサーブで始まり、ボジョレーヌーヴォーを味わいながら、元L真島氏から現役L時代の思い出などを語っていただきました。

札幌中央LCと合同例会

2016/11/09(水)

当クラブが1958年10月にスポンサークラブとなって結成された札幌中央LCと合同例会を開催しました。

合同例会は昨年に続き2回目。今回は札幌中央LCの主催でしたが、豪華景品があたる道産米当てクイズ大会など趣向を凝らした例会でした。
最後は新旧会長によるローアで締めくくりました。

第1454回(9月第二)例会「婦人の夕べ」開催

2016/09/15(木)

毎年9月第二例会は、LL(ライオンレディ)に日頃の感謝の意味を込めて「婦人の夕べ」を開催しています。

今年は地下鉄西28丁目駅近くにある「円山 旬」というお店で道産食材をふんだんに使った美味しい和食を堪能していただきながら、書家の若山象風先生に思い思いの一文字を作品に仕上げていただき、参加したLLの皆様に楽しいひと時を過ごしていただきました。

(写真は「道」という字を書いてもらったL道下大樹と若山象風先生)

第1453回(9月第一)例会開催

2016/09/01(木)

9月第一例会を札幌グランドホテルで行いました。
開会ゴング、国歌斉唱、ライオンズクラブの歌斉唱、ライオンズの誓い唱和・朗読ののち、幹事報告では9月第二例会「婦人の夕べ」や札幌中央ライオンズクラブとの合同例会などについて報告がありました。

その後、昼食に入り、後半からは計画委員長のL道下大樹が「アメリカ訪問記」と題してメンバースピーチ。
アメリカ国務省の招待により、アメリカの障がい児教育や障がい者権利運動などについて学ぶため、約3週間にわたってワシントンDC、ニューヨーク、サンフランシスコの小学校や障がい者団体、行政機関、大学等を訪問して多くの方々と意見交換した研修体験をスピーチしました。

(写真はローア発声する参加者)

第1452回(8月第二)例会・ビール会開催

2016/08/18(木)

8月第二例会恒例の「ビール会」を赤レンガテラス3階の「サッポロクラシックバー」で開催しました。
ビール会には地区キャビネット役員の第1R第1Zゾーンチェアパーソンの吉田英則ライオンと同じく地区PR・ゾーン委員の須藤和夫ライオンが出席され挨拶していただきました。

第一部の例会ではLCIF理事長からのプログレスMJFピンが吉田英則ライオンよりL谷征輝(11回目献金)とL萩本哲夫(3回目献金)に伝達されました。

第二部の会食「ビール会」では、台風一過で少し蒸し暑い天気だったのでまさしく「ビール日和」となり、参加したL、LL、家族はブラジル名物料理「シュラスコ」を美味しくほおばり、リオオリンピックでの日本人選手の大健闘を喜び合いながら、冷たいビールを飲み、札幌の短い夏のひと時を楽しみました。

第1451回(8月第一)例会開催

2016/08/04(木)

8月第一例会を8月4日に札幌グランドホテルで行いました。
開会ゴングで萩本会長は、骨折で入院していた後藤ライオンが無事退院され、今日の例会に出席されたことへの喜びの挨拶とゴングをし、続いて国歌とライオンズクラブの歌の斉唱、ライオンズの誓い唱和朗読を行いました。
幹事報告では、8月第二例会「ビール例会」と9月第二例会「婦人の夕べ」の開催案内、7月成分献血報告、ゾーンチェアパーソンの例会訪問、「100周年記念事業チャリティゴルフ大会」参加呼びかけ、札幌しらかばLCならびに札幌創成LCの周年記念式典案内などが菅原幹事より報告されました。

例会前に開かれた事業委員会ならびに理事会では、今年度の会長スローガン「新たな一歩 堂々と」の報告と、今期のアクティビティについて議論などが行われました。